結露を防ぐ換気の基本

年末も押し迫り、大掃除などで忙しい時期になりました。
窓ガラスにびっしりついた結露(水滴)やカビ退治に頭を悩ます人も多いのではないでしょうか。

カビは水気を好みますので、結露がつかなくなれば、カビも発生しにくくなります。
この窓につく水滴(=結露)をなくすために効果があるのは「換気」です。

日本の古くからある木造の家は、窓を開けなくてもあちこちから隙間風が入ったため、
気を付けて換気をしなくても、室内の空気は自然に、ある程度は入れ替わっていました。

これがいわゆる「自然換気」です。

しかし、最近の住宅は、高断熱・高気密化しているため、隙間風は入りません。
そのため、心掛けて換気をしないと、室内の空気が循環しません。

2003年にはシックハウス法が制定され、それ以降に建てられた新築住宅には
「24時間換気」が義務付けられました。

24時間換気とは、その名の通り24時間常に換気を行い、2時間に1度室内の空気を入れ替えます。
スイッチを入れておくだけでOK。あとは機械換気設備がやってくれます。

でも、残念なことに、この24時間換気のスイッチを切ってしまう人も多くいます。
その理由は

・換気の音がうるさいから
・電気代の節約のため
・何のために24時間換気をしなくてはいけないのかわからないから

など。

換気を計画的に行って室内の空気を入れ替えることで、
結露を防ぎ、室内の化学物質などを排出してくれます。

住む人の健康や家の長寿化を考え、24時間換気システムはずっと稼働させておくようにしてください。

住まいの換気方法には、いくつか種類があります。
これから家を建てる人、購入予定の人は、どんな換気法がよいか検討しておくことをお勧めします。

こちらの記事で換気の基本について詳しくお伝えしています。ぜひご覧ください。
結露を防ぐ換気の基本。冬を暖かく快適に! by All about

最後になりましたが、皆様健康に気を付けて
どうぞ良いお年をお迎えください。

関連記事

PAGE TOP