長い目で見て経済的な家をつくりませんか

エコな住まいにするには、例えば窓をペアガラスにしたり、
必要な箇所に、必要な断熱材を設けるなど、建物を建てる時の計画が大切です。

でも、もしそれらを重視せず、エコでない仕様で建て、そこに住むことになったら、どんな暮らしになるでしょうか。

外気温の影響を受けやすく、家の中でも夏は暑く、冬は寒い

例えば夏は、暑くて家の中にいても熱中症になってしまう
例えば冬は、家の中にいても厚着をしなければいけない

冬には窓に水滴(結露)がびっしりつく

結露がつくのは当たり前でしょ?というのは少し前の話です。

一年を通してエアコンをつけっぱなしにしなければ暮らせない

エアコンの風が苦手な人にとっては苦痛な家となるでしょう。

年間の光熱費が高い

いくら初期投資を抑えても、年間のランニングコスト(光熱費)がかかるようであれば
長い目で見てオトクとは言えません。

こうして挙げてみても、良いことはありません。

もし、なにも知らずに「安く建てられますよ」と言われて、それを信用して建ててしまったら、それが一番困ることかもしれません。

建ててから「しまった」と思っても、後からやり直すことは、とても大変なことなのです。

初めにかかる費用に目がいきがちですが、長い目でみて
「本当にそれってオトクなの?」

そういう視点を忘れないようにしましょう。

 

関連記事

PAGE TOP