代沢ききょう保育園

第12回 キッズデザイン賞

東京都世田谷区

音環境や交通問題に配慮した
本格木造の都市型保育園

都市部の閑静な住宅街に位置し、音環境や交通問題などに配慮した東京都の認可保育園。都市部では珍しい、真壁造りを採用した本格的な木造平屋建ての園舎です。

■外 観

周辺住宅街に合わせて低く抑えた屋根ライン、表情豊かな火山灰の塗り壁のどっしりとした本格木造の園舎です。前面道路沿いには45メートルの長さにわたり歩道を整備し、園児と地域の安全を確保しました。
外壁:薩摩中霧島塗 屋根:カラーガルバリウム鋼板 窓:木製サッシ 門扉及びフェンス:オリジナルデザイン(テーマは武蔵野)歩道:木レンガ敷き 

■エントランスホール

露出した木の柱や梁、ひのきの腰壁、縁甲板を貼った天井と、火山灰の塗り壁に囲まれて、暑い日でもひんやり気持ちよい空間です。

■ランチルーム

園舎の中央に位置し、天井が最も高い空間に木の柱・梁がダイナミックに露出しています。入園式・卒園式などのセレモニーもここで行われます。

■保育室

特に園児たちの手に触れる場所、目に入りやすい場所には自然素材を多用。トップライトや高窓を活用して採光・通風を取りこんでいます。

■園広縁(ひろえん)と縁側(ウッドデッキ)

園児室と園庭の間にある「広縁(ひろえん)」と隣接する半屋外の縁側(ウッドデッキ)は、日本の和風家屋独特の造りを現代建築に取り入れたものです。窓は遮音性・断熱性に優れた木製サッシを採用しています。

■プールのある園庭

園舎に囲まれた中庭型の園庭ですが、園舎の高さを抑えているため圧迫感はありません。プールシーズン以外はプール上部にフタをし、低年齢児専用の遊び場として有効活用します。

■オリジナルデザイン

書家による手書きの館銘板や手彫りの室名札など、子どもたちの記憶にのこるオリジナルデザインを取り入れています。

建物データ

所在地 東京都 世田谷区
敷地面積 2001.38㎡
建築面積 929.31㎡
延べ床面積 872.43㎡
構造・用途 木造在来工法(真壁工法) 一部鉄骨造 ・ 認可保育所
竣工 2018年3月
設計・工事監理 住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所 担当 井上恵子

執筆中のブログ

 

Twitter

PAGE TOP