西向きマンション、西向き部屋ってどうなの?

私もそうなのですが、多くの日本人のみなさまは、
洗濯物や布団をお日さまにあてて干すのが好きだと思います。

家についても同様に、陽が差し込む明るい南向きが好きですよね。

ですので、マンションでは、同じ広さ・間取りでも、
南向きの住戸に一番高い値段が設定されます。

「高くても南向きがいい」と購入する人が多いということでしょう。

それならば、全ての住戸を南向きにできればよいのですが、
最近の高層大規模マンションでは、
東西南北全ての向きの住戸が揃うことも珍しくありません。

南向きが一番人気があるのはわかる。
でも、価格面では他の方位の方が購入しやすい。

では、その他の向きのメリット・デメリットってどうなのでしょうか。

ということで、今回All aboutで「西向きマンション・部屋のメリット・デメリット
という記事を書かせていただきました。

西向き住戸って、夏に暑いイメージがありますよね。
もし、西向きに大きな窓があって、窓の上部に庇も何もなく、
窓に直射日光が当たるようだったら、室内はとても暑くなると思います。

それでも、価格面や眺望などの条件が
とても魅力的な「西向き住戸」もあります。

西向き住戸を購入する場合は「どんな対策を取っているか」
↑ ここが重要ポイントです!

熱い日射を防ぐための庇や窓の遮熱対策がしっかりできているかどうか、
室内にこもった熱を外に出すため、風が通り抜ける間取りになっていることも大切です。
そして、住み始めてから取れる対策もあります。

どんな西日対策があるのかを、こちらの記事でまとめておりますので、
興味のある方はぜひご覧になってくださいね。

西向きのマンションや部屋のメリットとデメリット by All about

関連記事

  1. 個別相談の感想(イメージ)
  2. マンション選び・間取り選びの個別相談を承っております
PAGE TOP