設計・監理料について

設計料・工事監理料

建物の設計料や工事監理料について

建物を建てる際には必ず「設計」という作業が発生します。お施主様の希望をお聞きして形にまとめ、関係する役所と打合せを行い、実際に建てられるよう詳細な図面を描きます。それらの作業を行う対価として「設計料」がかかります。また、設計が終了していよいよ工事がスタートしたあと、設計図通りに建物が建つよう工事現場の監理も行う場合は「監理料」もかかります。思い描いた建物を建てるためには「設計」と「工事監理」、この両方とも大切です。設計と監理をセットで請け負う設計事務所も多く、その場合は「設計・工事監理料」として金額が提示されます。

「建物の設計」という作業は専門性が高く、建築士の有資格者しかできず、プランの検討や役所との折衝にも多くの時間がかかります。設計事務所に設計をご依頼いただくと、設計の自由度は高く、施工会社も選ぶことができます。設計事務所はお施主様の立場に立って業務を行います。

一方、最初から施工会社(工務店)やハウスメーカーが決まっている場合などは、その工務店またはハウスメーカーに設計も依頼するケースも多いかと思います。工務店の場合は、設計料を目に見える形で提示するケース、施工費に含まれるケースなどもあるようです。ある程度規格化されているハウスメーカーの場合は設計者ではなく営業マンが間取りを決めることもあるようです。設計事務所とハウスメーカーでは設計の自由度、設計にかける時間や設計作業にかかる費用は大きく異なります。

設計事務所に設計を頼むということ

例えば過去の作品を見て「ぜひこんな家にしたい」と共感したり、自分ならではのオリジナルな家を建てたい、じっくり検討して好みを反映させたい、または敷地が変形していて特別な工夫が必要だったりなど、やり取りをしながら納得して設計を進めたい方、特別な事情がある方などが設計事務所に設計を依頼することが多いのではないでしょうか。

設計事務所は、施主の希望や土地を吟味して、それまでの経験や知見をフルに活用し、最も良いと考えられる「解」を見出して提案します。どうぞその道のりに対し、設計料という対価を支払うことに納得していただけますと幸いです。

設計料はどう決まるのか

多くの事務所では独自の設計料を決めています。よく見かけるのは「施工費の○%」というもの、または「坪○万円」というものもあり、事務所の規模や抱えている所員数、実績なども反映され事務所ごとにまちまちです。国土交通省が定めた設計料の基準がありますが、それに従って算定すると金額が高めになります。建築設計はそれだけの金額をいただける業務を行っているということなのですが、一般的な設計事務所の場合、国土交通省の基準よりお求めやすい設計料になっていることが多いと思います。

設計を「サービス」と称して対価をいただかない会社があったとしても、作業が発生する以上費用は掛かるため、どこかの目に見えない部分で上乗せされ回収されています。設計事務所に依頼すると「設計・工事監理費」は目に見える形で提示されます。「高い」と感じる人もいるかもしれませんが、例えば全国の住宅展示場にモデルルームを建てていたり、テレビコマーシャルを流したり、多くの営業マンや社員を抱えている会社様と比べ、直接関係のない経費の上乗せがない分、けして高いということはない、ということをご理解いただけますと幸いです。

気持ちよい関係を築くために

これから設計事務所に依頼して家を建てることを検討している方には、設計事務所とよい関係を築いていただきたいと思います。例えば、設計事務所に設計を依頼すると決めたら、その設計事務所を信頼し、ある程度任せることも大切かと思います。設計に取り掛かる際にヒアリングがあると思いますので、その時にきちんと希望を伝えること、そしてどんなプランが出てくるのか楽しみにしていただければと思います。

また、提示された設計費のコストダウンについては、設計事務所という業務形態では「コストダウンを想定した上乗せ」はしていないところがほとんどでしょう。コストダウンをお願いするということは、「あなたの事務所にはそれだけ払う価値がないと思っている」と相手方に感じさせるかもしれません。

お施主様と設計事務所が良い関係を築くことができれば、住まいづくりの過程もうんと楽しくなり、希望どうりの建物が建つ近道になるでしょう。これから住まいづくりを検討している方の参考になれば幸いです。

関連記事

PAGE TOP