WIC、SIC、パントリー、リネン庫…収納の種類を解説

適切な位置に適切な収納があるかチェックしよう

マンションでも戸建てでも、モノがあふれかえった部屋ではなかなかリラックスできないですよね。反対に、スッキリと片付いた空間であれば気持ちよく、心身ともにくつろぐことができるでしょう。専有面積に限りがあり、収納スペースが少なくなりがちなマンションでは、適切な場所に収納があること片付くポイントになってきます。

例えば、普段子どもが遊ぶ場所の近くにおもちゃをしまうスペースを設ければ、子どもが自分でお片付けをしてくれるようになるかもしれません。家族のだれもが取り出しやすい場所に掃除機がしまってあれば、お手伝いの頻度が増えるかもしれません。

このように、各個室にはそれぞれ専用の収納がついていること、廊下やリビングに共用の収納があること、これは最低限必要な収納であり、間取り図を見てまずチェックしていただきたいことです。さらにはキッチンには食品ストックをしまって置けるパントリーがついていること、洗面脱衣室にはリネン類や洗剤等をしまえるリネン庫がついていると理想的です。

パントリーもリネン庫も、例え小さなスペースでも、有るのと無いのでは大違いです。最近では収納力のあるウォークインクローゼット、シューズインクローゼット、大物をしまえるトランクルームなどを備えたマンションも見られるようになりました。

WIC、SIC、パントリー、リネン庫… 収納の種類を解説

近年の間取り図では室名に記号が使われることも多く、よく見かける記号のうち収納に関するものを取り上げ、それぞれどのような収納なのか、詳しく解説をいたしました。マンションの間取りを検討する際にぜひ参考にご覧ください。
お部屋がスッキリ片付く!使い勝手が良い収納のある間取り byノムコム マンションデータPlus

【関連ブログ】
スッキリ片付く間取り、散らかりやすい間取り #マンションの間取り考

関連記事

  1. みらいら 2021年11月号表紙
PAGE TOP